インフルエンザの予防接種の価格相場

毎年、日本では冬になるとインフルエンザが流行します。季節性インフルエンザとして知られる冬季の流行は毎年のことであって予測可能であることから、その時期に合わせてワクチンが作られて予防接種の実施が呼びかけられます。その冬に流行すると予想されるインフルエンザウイルスのワクチンが準備されており、3種類や4種類の混合ワクチンが用いられるのが一般的になっています。
インフルエンザウイルスワクチンの接種は自由診療にあたるため、予防接種にかかる費用は保険によって定められてはいません。そのため、どこでワクチン接種を行うかによって費用も異なり、安価に行えるところもあれば、高額の費用を請求する場所もあります。一般的な相場として知られているのが3000円です。
子供に対しては無料接種を実施している場合もあり、成人に比べるとリスクが高く、学校での蔓延の可能性が高いことから社会貢献の形として実施していることがあるのです。その分が成人の料金に上乗せされているということも事実ですが、そうであっても3000円程度であり、それによって冬にインフルエンザに悩まされる可能性が大幅に下がると考えると喜んで接種する人が多いのが現状です。
しかし、同じ地域であっても探せば1000円台でワクチンの接種を行える場所を見つけられることすらあります。そういった安価に予防接種を行っている医療機関は当然の事ながら人気が高く、一ヶ月以上前から予約が必要になるケースもよくあるのが実情です。病院と診療所では費用差はあまりないものの、地域によっては診療所の方が幾分安くなっている場合もあります。これはかかりつけ医としての役割を診療所に担ってもらうための措置であり、病院と診療所での役割分担のあり方がインフルエンザの予防接種にも影響してきているためです。

インフルエンザワクチン開封後は使い切る

10月からインフルエンザワクチン接種が始まります。接種は予防ですので、保険がつかえません。病院によって値段が変わってきますが、1人あたり3000~4000円です。自治体によっては高齢者に対して補助があります。大人の接種は1回かぎりです。
さて、インフルエンザワクチンを接種するときは、バイアルに入った薬液を使います。1バイアルで2回分使うことができるよういなっています。ですから開封後は2人分すぐに使ったほうがいいです。バイアルの中は無菌状態になっており、バイアル中に半分くらい残しておくと、時間の経過とともに、無菌状態ではなくなっていきやすいからです。できるだけすぐに使ったほうがいいですが、長くても数時間しか保管できませんので、1バイアルで2人分使いたがるのがここの理由なのです。残った薬液を冷所に保管しておくのは当然ですが、すぐに使いたいという医師の思いが強いのです。万が一、汚染された薬液を使用してしまうと、ばい菌が全身をまわって、敗血症を起こして、死亡する例が後をたちません。
インフルエンザワクチンを接種しておくと、インフルエンザに罹っても軽くで症状がすむのです。20年以上くらい前まではに、学校でインフルエンザ予防接種が強制でし。中には注射が怖いとか、といって受けない人もすくなくないです。インフルに罹ると、たいへん苦しいです。ですからは早めの摂取が必要です。なかには下痢や吐き気を催すもいるので、問診を取る前に自分の体を客観的に想像してみるのも楽しいです。
なにごとにも健康ですが、接種を受けるべき人は、積極的にうけましょう。うけることで、元気いっぱいになる方もいるようです。そして有意義なくらしを送れることができます。

インフルエンザワクチンの公費補助の対象者とは

インフルエンザワクチンの予防接種は、各医療機関で金額設定ができる自由診療で、通常、料金は全額自己負担となります。
その中でも、公費補助で予防接種ができる場合があります。
インフルエンザの公費補助の範囲は各地方自治体によって違いがありますが、その対象者としては、まず、接種日において満65歳以上であるかた、もしくは接種日に60歳以上65歳未満の希望者で、心臓・じん臓・呼吸器・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいを有する方(いずれも身体障害者手帳1級程度の方)となっています。
接種費用の自己負担金額は、各市町村によっても違いがあります。接種費用があらかじめ設定してあり、その金額を医療機関に支払えば予防接種できる場合と、あらかじめ助成する金額が設定してあり、それ以上かかった場合には、その分が自己負担金となる場合があります。
また、自治体によっては、独自で助成を行っている場合があり、小児インフルエンザ予防接種費用助成といって、接種日において満6歳以上から中学3年生までの子どもに対して、予防接種費用から助成額1,300円から2,000円を引いた額が自己負担額となり、ひとり2回まで使え、インフルエンザワクチンが接種できるという場合もあります。
また、さらには市・県民税非課税世帯であったり、生活保護法による被保護世帯の方であったり、中国残留邦人などの円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律に基づく支援給付を受けている方などは無料で予防接種できる場合があります。インフルエンザの予防接種の公費助成は、各市町村で行っているため、対象者も金額もそれぞれ違いがありますので、予防接種をする際には確認をすることが必要です。
■いろいろな薬があります
インフルエンザに効く代表的なお薬
■病院まで行く手間を省くなら
リレンザの通販・個人輸入