インフルエンザ感染防止に空気清浄加湿機が有効

毎年秋から冬にかけてインフルエンザが大流行します。ほぼ、毎年のことです。かかってしまうと高熱が続いたり、関節が酷く痛んだりしますが、特に高齢者や小さい子供さんは肺炎を起こしたり、脳炎になったりと重症化する恐れがあります。インフルエンザの予防は原因となるウイルスを体の中に入れないようにすることが一番です。そして、何より流行させないためにも、他の人にうつさないようにしなければなりません。それぞれ一人一人がインフルエンザに「かからない」努力と「うつさない」努力をする必要があります。感染経路として感染者のくしゃみや痰の飛沫を他の人が吸い込んでしまいうつってしまう場合と、感染者の痰などが付いた手などに接触してうつってしまう場合があります。感染防止にはこのような飛沫感染や接触感染を完全に断ち切ることが重要と思われます。感染防止に大切なことはまず「念入りな手洗い」と言えます。ウイルスを体に入れないために外出先から帰ってきたら必ず入念な石鹸による手洗いが大切です。また病気に感染しないために「体の免疫力を高める」ことも大事だと言えます。そして、時期が来ると必ず行われている「予防接種」を受けておくことはインフルエンザにかかりにくくするだけでなく、重症化するのを防ぐ効果があります。また、空気が乾燥するとのどの粘膜の防御機能が低下すると言われています。室内では適切な湿度を保つ必要があります。最近はインフルエンザ感染防止だけでなく、花粉やほこり対策として空気清浄加湿機なるものが各電気メーカーから発売されています。ウイルスは湿度が40%を切ると活動が活発化してしまうそうです。そのために空気清浄機に加湿器が付いた空気清浄加湿機が効果的だと言えます。それぞれの電気メーカーがインフルエンザやウイルス対策としていろいろな特徴をもった製品を出しています。自分に合った空気清浄加湿機を購入するといいですね。