株
CMなので聞き覚えがある人もいるとは思う「ジュニアNISA」。2016年にできて、0歳から19歳の未成年を対象にした制度です。ジュニアNISAを中心に株投資についても記事発信を行っていくのでジュニアNISAに興味のある人はぜひ見てください!

ジュニアnisa(ニーサ)のための口座開設の仕方

子供や孫のためにお金の運用をすると、その利益に対する税金がゼロになる、ジュニアnisaという制度が始まっています。
年間80万円まで最大5年間で400万円までなど、いくつかの面倒なルールはありますが運用して得た利益の税金がゼロになることで、資産形成のスピードがアップするため使わない手はありません。

ジュニアnisaの口座を持てるのは、日本国内に住んでいる0~19歳の未成年者です。
つまり口座自体は子供や孫の名義で、開設しなくてはなりません。
また口座を開けるのは、子供一人につき1口座だけになっています。
0歳の赤ちゃんでもジュニアnisaは作れるのですから、その口座の運用や管理を口座名義人である子供や孫がする必要はありません。
ジュニアnisa口座は、原則として主に親などの親権者が代理として管理を行います。
どのようにして運用していくのかは、親が決定します。
ある程度大きくなって中学生、高校生くらいであれば自分で運用方法などを決めたりすることは、できるかもしれません。
それでもあくまでも親が、管理することになっています。

ジュニアnisa口座は証券会社、銀行(信用金庫、信用組合を含む)郵便局などの身近な金融機関で開くことができます。
金融機関ごとで取り扱う商品に違いがあるため、注意が必要になってきます。
一度選んだ金融機関を変更することはできないことになっています。
ですからどこの金融機関で口座を開設するかは、思っている以上に重要です。
たとえば自分が住んでいる家に近いからといった理由で、地域密着型のA地銀でジュニアnisa口座を開設した後他県へ引っ越ししてしまったときに、転居先にはA地銀の支店はゼロで不便な思いをすることが、想定されます。
特にジュニアnisaは子供や孫の名義の口座です。
今は幼い子や孫が大きくなったときには、遠方での大学入学や就職の可能性も考えておかなければなりませんので、開設する金融機関は慎重に選んでください。

口座管理は大人であれば誰が行ってもいいの?

ジュニアnisaの口座には両親、祖父母のような直系の親族のほか、親戚や知人など第三者も資金を提供することができます。
教育資金の一括贈与などと異なり、親戚のおじさん、おばさんあるいは親族関係にない第三者がお金を出せることに、特徴があります。
つまりジュニアnisa口座は子供か孫の名義で、口座管理と運用は親や親権者であっても、お金を出すのは誰でも構わないのです。
極端な事例では、篤志家の大金持ちの人が近所の可愛がっている子供のジュニアnisaの口座に、資金を出すということもありうることになります。
今後増えそうなのは、子供のいない夫婦や独身の男女で、甥っ子や姪っ子に資産をあげたい残したいという場合です。
こうした場合でも、ジュニアnisaを使うことができます。

よほどの例外を除いて、ジュニアnisaに子供自身が稼いだお金を投じることはありません。
親、祖父母を中心に誰かが、お金を出すことになります。
ただし誰かが資金提供するということは、法律的には贈与となります。
贈与は家族間、親族間でなくても可能でもらう子供や孫一人につき年間110万円までなら、非課税になっています。
ジュニアnisaの非課税になっている金額は、年間で80万円になっています。
非課税枠の上限80万円を贈与しても、110万円以内なので贈与税はかかっては来ません。
誤解をされている人も多いようですが、贈与の非課税枠はジュニアニーサを利用しても増えません。
たとえば祖父が孫にジュニアニーサでなんでもかいなさいと、80万円贈与したらその年の非課税で贈与できる枠の残りは、30万円になります。
ただし翌年になれば再び贈与には、110万円の非課税枠が発生してきます。
誰からでもお金をもらうことができますが、口座管理をするのは親です。