株
CMなので聞き覚えがある人もいるとは思う「ジュニアNISA」。2016年にできて、0歳から19歳の未成年を対象にした制度です。ジュニアNISAを中心に株投資についても記事発信を行っていくのでジュニアNISAに興味のある人はぜひ見てください!

NISAのメリットであるロールオーバーについて

NISAは少額非課税制度であり、5年間は非課税となります。
ロールオーバーという制度を使えば、さらに5年間非課税となるため、今後税制改正がなければ相当長期間、非課税で金融商品を運用できることになります。
ごくわずかな預貯金の利子にも課税されますから、NISAをうまく活用していきたいとする人は多いです。

NISAには5年間の非課税期間があり、その期間内は、運用で得た利益は非課税となります。
非課税となるのは、毎年100万円までです。
5年目以降は、課税されます。
わずかな預貯金でも課税されるくらいですから、100万円が5年間非課税となるというのは、かなりの優遇措置でしょう。
5年後の課税開始を迎えた時期に、その年の非課税枠100万円の分として、5年目を迎えた金融商品を移す、それがロールオーバーです。

ロールオーバーは何回でもできます。
税制改正が今後なければ、NISA口座を設けて購入した金融商品は、1年に100万円以内の購入枠に収められれば、いつまででも非課税で運用することができると言えます。
金融商品には値下がりのリスクがつきものです。
5年後に値下がりしていてロールオーバーする場合は、その時点での時価が採用されますから、5年前は100万円で購入した金融商品が70万円に値下がりしていた場合、30万円分の余裕ができます。
30万円の他の金融商品を購入し、NISA口座で運用することもできます。

このように、ロールオーバーにはメリットが多いので、うまく活用していきたいところです。
5年目を迎える直前にロールオーバーしてNISA口座に移しておかないと、課税されます。
5年目を迎える直前に、持ち続けていた金融商品を売却する人もいますが、売却に不利な状況であった場合は、一般の口座へ移すことになります。
その後は課税されますから、5年後に、新たに100万円で購入したいような金融商品がない場合は、ロールオーバーで使うのが得策でしょう。

ロールオーバーがデメリットになってしまう条件や状況

ロールオーバーにはメリットだけでなく、デメリットもあります。
ロールオーバーは、金額指定で売買できるような金融商品なら、100万円の枠に合わせて口座移管の手続きができるのですが、金額指定の分割売買ができない金融商品だとそうはいきません。
すべての金融商品に適用しやすいというわけではなく、金額指定できる商品向けといった状況になっているのが、デメリットのひとつと言えます。

ロールオーバーせずにいたら、NISA口座で運用していた金融商品は、5年後には口座移管となります。
ロールオーバーの知識があって、それを使いさえすれば、また5年間非課税となるわけですから、デメリットよりもメリットのほうが、はるかに大きいです。
何度でもロールオーバーでき、この制度を知っているか知らないかによって、大きな差が生じます。

NISA制度は、5年間に限定するのではなく、もっと長期に、もしくは期限を撤廃するという方向に向かった方がいいという意見もあるようです。
海外ではそうした制度になっているところもあります。
昔は、少額であれば預貯金の利子は非課税でした。
しかし、現在はわずかな預貯金にでも課税されます。
NISAの運用条件が、比較的甘めだということは、つまり、国の方針としては、預貯金として持つのではなく、金融商品として持ってほしいということでしょう。

このことから考えると、今後条件が厳しくなり、ロールオーバーが禁止になるということにはならないという見方ができます。
ロールオーバーの知識を詳しく知り、今後長期にわたってうまく活用していくことで、大きなメリットが得られる可能性が高いです。
金融商品選択の際にも、考慮したほうが良さそうです。